みんなのラブストーリー・恋バナ 出会い 復縁

きれいな淡い恋の思い出はいつまでもそのままで。

2019年3月4日




出会い

学生時代の恋愛のお話です。

中学校の時から2年間片思いをしていた男の子は小学校も同じいわゆる地元の幼馴染でした。

どうしても思いをあきらめきれずに高校に入って私から告白。
別の高校でしたが、OKをもらいお付き合いを始めました。

3年のお付き合い

付き合ってからはお互いが忙しく毎日は会っていませんでした。
同じ市内にいるのに2人で会えるのは良くて1週間~2週間に1度。
もっと会いたいな、とかカップルらしいことしたいな、と思っていましたが、関係を壊したくないためか言えずにいました。
一緒に帰ったり、公園で話したりするだけで幸せでした。

お別れ

お別れは突然でした。

彼が部活を引退して、これからもっと会えるようになる!と思っていたとき関係終了を言い渡されました。

かなり落ちこんだのを今でも覚えています。

その時の私は未練たらたらで友達として何度もメールをしていました。
理由は聞いても教えてくれませんでした。

再び

高校卒業後、彼は就職、私は県外に進学し、ますます接点はなくなると思っていました。
しかし、逆に余裕と自由な時間ができた彼と暇な大学生の私は再び連絡を取り始めます。
お別れしてから1年後くらいでした。
とにかく、また私と会ってくれることが嬉しかったです。

違う恋愛のしかた

大学4年間は彼とちょくちょく会っていました。

しかし、2人で会うときは昔付き合っていたことは忘れられたかのよう・・・。
少し悲しかったです。彼はたった数年でかなり大人になっていました。

もう学生のころのピュアな彼ではないと思いましたが、まだ好きでした。

もちろんお友達として会っていましたが、どこかに特別な感情があったことは間違いありません。

卒業後

私は大学を卒業し地元で就職をしました。
その意図は表向きは実家から仕事に通い貯金でしたが本当は、彼にまだ振り向いてもらいたいという気持ちがあったからという理由でもありました。

まさかの復縁

社会人1年目の夏に、まだ連絡をとっていた私たちはその日も2人で会っていました。

この時は私が地元で就職をしたこともあり、毎週のように会っていました。帰り際に彼氏いるの?といつもされないような質問。
私は首を横にふります。
私も彼にも同じ質問を・・・。同じく首を横に・・・。
沈黙の時間が流れたあと、また付き合ってと言われました。

もちろん私はOK。

淡い思い出がよみがえります。

きれいな思い出のまま

当時私は社会人1年目。

忙しいながらも連絡を取りながら彼に会っていました。
しかしもともと友達→学生時代の恋愛→友達→復縁だった為か、どこか次のステップへ進めない2人がいました。
この人との将来を考えたとき私は・・・と思うようになり、この恋はきれいな思い出のまま取っておくべきだと思いました。

再びお別れ

復縁してから1年半ほどだったと思います。彼に今度は私からお別れを告げました。
理由は言っていません。私が言われなかったからです。
この時、お互いに24歳と25歳、彼もこのままじゃいけないと思っていたそうで、やはり学生の時の恋愛ごっこと社会人になってからの恋愛は違うのだなと思いました。

現在

今私は20代後半で未婚です。

高校時代から20代前半という長い時間を一緒に過ごした彼、今はどこで何をしているかも知りませんが、私の1番の理解者であったことは間違いありません。
あのときずっと彼と付き合っておけば良かったなとは一瞬思ったこともありましたが、もう連絡を絶っています。

彼には私の中でずっときれいな思い出のままでいて欲しいからです。







- みんなのラブストーリー・恋バナ, 出会い, 復縁
-, , , , , , , ,

Copyright© Love Note , 2019 All Rights Reserved.