「結婚とは」 一覧

少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2019/2/13

未婚、少子化は何が理由?未婚と少子化を防ぐには

今の時代、結婚せずもちろん子供も持たない人が増えています。 つまり未婚と少子化に歯止めがかからない状態が続いているのです。 なぜそんな事になるのか、それはやはり結婚するにも子供を持つにもお金が必要だからでしょう。 結婚し子供を持つのが当たり前という昔の常識がなくなった今、結婚しなくても良いならお金もないからしないという選択肢ができたともいえますね。 結婚したくてもできない未婚や子供を持ちたくても持てない結果の少子化もあります。 また育てるお金がないから子供を持つとしても一人で十分、という考えの夫婦も増えて ...

少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2019/1/20

少子化をあえて意識しないようにする個性的な夢のある生活スタイルの確立

少子化世代の若者へ 現在日本を生きる少子化世代の若者に対して、40代後半の既婚男性からひとこと言わせて頂きたいことは、あえて意識的に少子化を意識しないような生活スタイルの確立が出来たら、自分に正直な実行する人生が過ごせたら、凄い幸せなのではないかという事を提案します。 提案理由 何故そんな事を言うかと言うと、少子化は御存知の通り、私が学生時代だったずっと以前、20世紀の頃から言われていたことで、それで本来なら、何かしら動くべきはずだった国や行政や日本の公共的立場に居る責任者の方々が、口や頭ではわかっていて ...

少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2019/1/13

少子化が社会に与える影響と、現代の結婚観

少子化と働き方 男女雇用機会均等法など女性が働きやすい法案や環境が整うにつれて既婚率や出生率が下がり少子化が進んでいることは現代日本の社会的問題となっています。 男性と同じように働き、稼ぎのある女性にとって結婚自体が人生において必要ではなくなっているのでしょうか。 対称的に、収入の少ない若者は結婚をどのように捉えているのでしょうか。 少子化による税負担 少子化が進むと同時に日本では高齢化も進んでいます。 現在では超高齢化社会などと言われるほどお年寄りの数が多く、高齢世代の生活を支える税の負担は現役世代が担 ...

出会い 少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2019/1/10

未婚と少子化時代。でも本当は結婚したいし子育てもしたい!未婚・少子化時代を生き抜く!

少子化対策 少子化対策は日本の未来にとって解決しなければならない緊急の課題です。 未婚の私のような40代男だって、結婚したくない訳ではありません。 それでも周りの同世代の男友達も独身貴族が多いのが現状です。 政府は未婚・少子化対策のために残業削減や有給奨励を企業に促し、実際残業は減り有給取得も以前に比べて増えた方が多いと思います。 男性側としては結婚相手を探す時間は確保されたはずですし、既婚者にとっては少子化対策の恩恵で子作りに励む時間が出来ました。 少子化の問題が解決してないのは何故 それでも目に見えて ...

出会い 少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2019/1/3

なぜ少子化だと未婚なのか。まずはその理由が分かれば、少子化でも未婚は解決される

なぜ未婚の人が増えているのか なぜ、未婚の人が多いのでしょうか。 その原因は、少子化が進んでいるからです。 つまり、少子化が解決されなければ、未婚者が増える一方なのです。 それでは、いつまでたっても、問題は解決する事は出来ません。 なぜ、少子化だと未婚なのかについて考えてみましょう。 出会いの場が少ない まずはこの理由が一番多いです。 少子化という事は、当然ですが、同世代の人と出会うのは難しいと思います。 そして、出会いの場がない理由は、とても便利な時代になったからなんです。 スマホやPCがない時代は、友 ...

モテる方法 恋愛体質 結婚とは 隠れモテとは 駆け引き

2018/12/27

【隠れモテ】恋愛体質の友達がなぜもてたのかを考えてみる【恋愛賢者】

恋愛体質について 恋愛体質という言葉で思い出すのは、私の幼馴染です。 今は結婚して家庭と仕事にがんばっている人(女性)なのですが、 10代終わりから20代のころは、顔を合わせるたびに新たな恋愛について話すので、他の友達と 「今のは前の彼?新しい人?」 と確認しあっていたものです。 恋愛体質というより恋愛賢者 恋愛体質という言葉からイメージするような、つねに彼氏がいないとダメなタイプではないのですが、 彼氏がいない期間は短く、こういう人も“恋愛体質”と言ってもいいのではと思います。 こうしてつきあった男性の ...

ニュース 出会い 結婚とは

2018/12/27

82.4%が年末年始に「結婚しないの?」のプレッシャーに耐えている!独身仲間や既婚先輩から学ぶ最適な回答と、本当に「結婚に大切なこと」とは。

WEBメディア事業を展開する株式会社ウルクス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:小田 憲之)は、 婚活サービス比較メディア【婚活サイトチェキ】( http://xn--eck7a6c577upzt.net/ ))にて、 年末年始に親からの「結婚はまだか」というプレッシャーに対しどう切り抜けてきたか、 男女165名に対し実施したアンケート調査を発表しました。 年末年始のシーズンになると、 独身男女のみなさんからよく聞くお悩みが一つあります。 『実家に帰省したり、 親戚の集まりがある中で、 「まだ結婚しな ...

出会い 少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2018/12/26

少子化時代の今、新しい出会いや結婚について考えてみた

少子化の原因 少子化の原因は、結婚しなくても快適に過ごせる社会の変化だと思います。 今は昔よりも一人で楽しめる事が多い事も原因です。特に、パソコンの普及はかなり大きいと思います。 外に出なくても、パソコン1台で遊べるし、仕事も出来るので、家にずっと居てもやることが有ります。 昔は家の中だけでは退屈な事も多かったので、自然と外に出る機会が有りました。 少子化時代では各自が出会いを増やす努力が必要 普通に過ごしていると出会いが限られたものになり少なくなるので、出会いを増やすには外に出掛ける事が必須となります。 ...

結婚とは 芸能人・有名人の話題 話題のドラマ・映画

2018/12/19

【まんぷく】毎朝見られる、萬平さんと福ちゃんの可愛いカップル

出典:安藤桃子さん・安藤サクラさん 江原道新ビジュアル公開 ~撮影で使用したファンデーションの特別セットも数量限定発売~ 現在放映中の「まんぷく」 現在放映中の「まんぷく」、主人公夫婦の長谷川博己さん演じる萬平さんと安藤サクラさん演じる福子のカップルがとっても可愛いのでぜひご覧いただきたいと思います。 2人が独身時代の可愛さは朝ドラを見ている人たちも夢中になったのではないかと思います。 萬平さんは今でいう「理系男子」とでも言うのでしょうか、とても純粋で純情で、毎朝キュンキュンしました。 福子と萬平 福子は ...

少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2018/12/18

少子化の時代と結婚の多様化について考える

少子化の時代 私が生まれたのは1980年代。 ちょうどその年代から少子化は始まったそうです。 少子化の時代が始まってから、もうすぐ40年近くになります。 物心ついた時から少子化という言葉を聞き、結婚して子供を沢山産めば、少子化は改善されるものだと思っていました。 私自身も結婚して子を持つ身になりました。 少子化と言われているのに、意外にも周りには3人、4人と子を持つ親が沢山いる事に驚きました。 結婚してる方は子供を沢山産んでいるんです。 ところが、結婚されていない方がそれ以上に多いのです。 結婚の多様化 ...

LINE 恋愛調査 結婚とは

2018/12/17

【「ナシ婚」を選択した20代30代女性600人の実態調査】 54.2%が「資金不足」が理由でナシ婚を選択結婚式の代わりは、「指輪」「食事会」「ウエディングフォト」

https://kekkon-ashita.weddingpark.co.jp/817/ 結婚式場の日本最大級のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパーク(本社:東京都港区、 代表取締役社長:日紫喜 誠吾 以下ウエディングパーク)は、 ナシ婚(結婚式を挙げない)を選択した20代30代の女性600人を対象に「結婚」に関する実態調査を実施いたしました。 --------------------------------------------------------------------------- ...

ニュース 恋愛調査 結婚とは

2018/12/13

【中国本土・台湾・香港の20代〜30代男女に海外ウエディングの意向度を調査】海外ウエディング(インバウンド婚)の希望エリア 結婚式・フォトウエディングともに日本が1位に!

http://kekkon-ashita.weddingpark.co.jp/827/ 結婚式場の日本最大級のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパーク(本社:東京都港区、 代表取締役社長:日紫喜 誠吾 以下ウエディングパーク)のインバウンド戦略室は、 中国本土・台湾・香港の20代~30代の男女544人に海外ウエディングの意向度調査を実施いたしました。   ------------------------------------------------------------------ ...

Copyright© Love Note , 2019 All Rights Reserved.