おすすめコラム

LINE 恋愛コラム 恋愛中の不安

2019/7/1

遠距離恋愛中のLINEでのやり取りについて

現在お付き合いをしている彼と、お付き合いを開始してすぐに フィリピンと日本の遠距離になりました。 彼がフィリピンで語学留学をしていたため、LINEでのやり取りは一日2回ほどで 彼は授業が、私は仕事があるためLINEを送ってもなかなか既読にもならず不安になる毎日でした。 彼との初めての喧嘩がLINEでだったため、正直今も彼から絵文字が少なくなったり、 メッセージ文量が少なくなると、当時を思い出して不安になります。 フィリピンはネット環境があまり良くない場所が多く、LINE通話だと会話が途切れ途切れになってし ...

みんなのラブストーリー・恋バナ 結婚とは

2019/6/21

恋人から結婚するまでの道のりは山あり谷あり

はじめに 私は社会人、26歳で営業職をしておりますサラリーマンです。 この文章で私が伝えたいことは、恋人関係から結婚関係に発展し、結婚するまでの道のりは険しく、そして繊細で、すばらしいものだと言うことです。 20代後半は結婚ラッシュということもあり、結婚を考えるということは避けては通れない道であることは確かです。 私と同年代の方に、今後結婚を考える上で、どのような山や谷があり、どのようにして乗り越えるべきなのかご説明させて頂きたいと思っております。 彼女との関係 私には、現在付き合って3年弱になる彼女(婚 ...

モテメイク 恋愛コラム 告白の仕方

2019/7/1

告白成功の秘訣!女性の魅力を最大限引き出すコツ!

大好きな男性がいて、告白をしたい… でも告白をして失敗するのがこわい… そんなことを思っている女性も多くいらっしゃいますよね。 今回はそんな女性のために告白の成功をサポートするコツをご紹介させていただきます。 最も自分に似合った服で告白する メイクやファッションにより女性の見た目や印象は大きく変わります。 自分に似合う服装であれば、体型も映えて、若々しくも見られるようになります。 告白の際には、自分最も綺麗に見える服装にしてください。もし可能であれば新しい勝負服を買った方がいいかもしれません。 古い服だと ...

恋愛コラム 恋活・婚活

2019/6/21

恋活に疲れたときの対処法について紹介します!

恋活に疲れたときの対処法とは 恋活をしても、なかなか上手くいかなかったり、自分の好みの相手となかなか巡り合えないと疲れてしまいます。 そんなときの対処法について紹介します。 恋活をお休みしてみること まず、1つ目は、恋活に疲れたなーと感じたら、恋活をお休みしてみることです。 しばらく、恋活から離れて、自分の好きなことをしてリフレッシュしてみましょう。リフレッシュすれば、また恋活を頑張りたい気持ちが出てきます。 気分転換してリフレッシュしていきましょう。 気持ちを切り替えること 2つ目は、気持ちを切り替える ...

少子化問題 真剣に考える

2019/6/9

【少子化で未婚】現代人は少子化で未婚の方が増えています。

現在、社会は少子化で未婚が増えています。 少子化で未婚を防ぐ為にはボランティア団体が活躍した方が良いと思います。 そして男女が出会える環境を作った方ががいいと思います。 男女が出会える環境が整えば自然に恋愛に発展していくと思います。 それは少子化や未婚を増やさない最大の手だと思います。 中には出会い系サイトのような感じもありますがお金を払って出会うのではなくお金を払わなくても自然に出会える環境を作ってあげれば自然に恋愛できると思います。 男女共々そうですが恋愛はいつでもしたいと思ってると思います。 それが ...

みんなのラブストーリー・恋バナ

2019/6/8

【恋バナ】今はもう平凡な専業主婦が思い出す楽しかった恋愛経験

私はもうすぐ30歳半ばになる、どこにでもいる専業主婦です。 これまで中学、高校、大学、社会人と経てきた中でいくつか恋愛をしました。 片思いで終わったもの、付き合うことができたもの、幸せな思いをしたもの、辛い思いをしたもの…。 今は子育てに忙しく、もう恋愛から遠ざかってしまいました。 夫のことは好きだけどさすがにもうドキドキはしなくなり、胸をときめかせることがあるとしたら テレビドラマの主人公に自分を重ねた時くらいです…。 まだ30半ばの女盛りなのに寂しいものです。笑 それでもふと、あの人と結婚していたらど ...

少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2019/6/8

少子化と結婚できない原因の密接な関係を3つ紹介

少子化が問題とは ここ数十年、日本では少子化が問題視されています。 比例するように結婚率も低下現象です。 今回は少子化と結婚率低下のその理由を考えていきます。 1 都市部で勤務している労働者に余裕がない 東京の夜景は綺麗ですよね。裏を返せばそれだけ働いている人がいるということです。 それだけ都市部を筆頭に長時間働く人が多くいます。 働き方改革などもありますが、それでも20代後半から30代の結婚適齢期の世代ほど改革の感覚がないようです。 なぜなら結婚適齢期=働き盛りとも言えるからです。 リフレッシュの時間も ...

出会い 恋愛コラム

2019/6/8

田舎に住んでいるので出会いがないと思っている方は必須です!

田舎にいても上手に出会い探し 田舎に住んでいると同じような年齢層の方と出会いがないなぁ、限られてしまうなぁと感じている方もいらっしゃるでしょう! 今回は、田舎にいても上手に出会い探しができるので地元の恋活・婚活情報をキャッチしてみましょう。 ・田舎にいながら出会い探しとは 地元の広報誌や情報誌などに恋活・今回つ情報・街コンなど日程が掲載されたり、ネット上でイベント会社が企画した婚活パーティーなど開催されているので、積極的に参加してみましょう。 特に街コンなどは地元の農業や漁業の方など多々参加しているので、 ...

恋愛コラム 恋活・婚活

2019/6/8

恋活パーティーでの経験を書いてみようと思います。

わたしの恋活パーティーの経験を書いてみようと思います。 まずきっかけとしては、友達からの誘いがあったからです。 社会人になってから数年たちましたが、ほんとうに出会いがありません。 当たり前ですが、同じ人とずっと仕事しているのでその人に興味がなかったら進展することもありませんし、1年に1回しか新しい人も入ってきません。 そうしているうちに何年もたってしまい、気づいたらやばいのではと思うようになりました。 そんな折に、友達も同じ境遇だということで、恋活パーティーでも行ってみようかとお誘いを受けたので、行ってみ ...

モテメイク 恋愛コラム モテる方法

2019/6/6

【みんなが意外と気づいていないモテる女性の条件】男性は自分に興味がない女性には興味がない

モテる女性の条件はいろいろ情報が山のようにあります。 そして情報が多すぎるために、結局は人それぞれというようになり、ありのままの自分で勝負して、結局モテないまま年だけをとってしまうのです。 女性は女性自身の目で、どういう女性がモテるのかということを考えてしまいます。 女性目線で考えるからこそ、ファッションやメイク、気遣いや振る舞いに集中して大事なことを見落としてしまうのです。 いくら自分自身をキレイにしたとしても、男性がアプローチをしてくれないとそれはモテているということにはならないのです。 ただの自己満 ...

LINE 恋愛コラム モテる方法

2019/6/6

「こんなLINEは嫌だ!」男性が嫌うメール内容3選

好きな男性にLINEでアタックしたけどうまくいかなかった経験ありませんか? この記事では、男性が女性からの返信について嫌になるメール内容を3つ紹介していきたいと思います。 既読や返信速度がとにかくはやい 好きな人への返信はすぐ返信したいという気持ちになるのは当たり前ですが、人には時間の都合というものがあります。 好きな人の時間の都合をよく理解して返信をすることが大事なことです。 気配りのできる女性は男性にモテる傾向があります。 返信内容が長い 仲の良い友達であればいいのですが、好きな異性に対してはNGです ...

出会い 恋愛コラム 恋愛運

2019/6/6

【素敵な恋愛がしたい】恋愛運は外見や性格の良い人のものでなく、自ら掴み取るもの

恋愛しやすさと外見や性格は関係ない 一つの恋が終わると、すぐに次の恋を始める人がいます。いつも恋愛相手がいるように見えます。 一方で全然恋愛できない、チャンスが巡ってこない、という人もいます。 この両者はどう違うのでしょうか。 外見や性格の問題でしょうか。 あるいは恋愛運の違いでしょうか。 自分が思うに、外見や性格はたしかに「恋愛しやすさ」に影響するかもしれませんが、決め手ではありません。なぜなら世界は外見が良い人ばかりでなく、性格が良い人ばかりでもありませんが、恋愛している人は沢山いるからです。 それぞ ...

♡おすすめ♡モテる方法がわかる本

Copyright© Love Note , 2019 All Rights Reserved.