真剣に考える

少子化問題 真剣に考える

2019/6/9

【少子化で未婚】現代人は少子化で未婚の方が増えています。

現在、社会は少子化で未婚が増えています。 少子化で未婚を防ぐ為にはボランティア団体が活躍した方が良いと思います。 そして男女が出会える環境を作った方ががいいと思います。 男女が出会える環境が整えば自然に恋愛に発展していくと思います。 それは少子化や未婚を増やさない最大の手だと思います。 中には出会い系サイトのような感じもありますがお金を払って出会うのではなくお金を払わなくても自然に出会える環境を作ってあげれば自然に恋愛できると思います。 男女共々そうですが恋愛はいつでもしたいと思ってると思います。 それが ...

少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2019/6/8

少子化と結婚できない原因の密接な関係を3つ紹介

少子化が問題とは ここ数十年、日本では少子化が問題視されています。 比例するように結婚率も低下現象です。 今回は少子化と結婚率低下のその理由を考えていきます。 1 都市部で勤務している労働者に余裕がない 東京の夜景は綺麗ですよね。裏を返せばそれだけ働いている人がいるということです。 それだけ都市部を筆頭に長時間働く人が多くいます。 働き方改革などもありますが、それでも20代後半から30代の結婚適齢期の世代ほど改革の感覚がないようです。 なぜなら結婚適齢期=働き盛りとも言えるからです。 リフレッシュの時間も ...

少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2019/5/28

最近は女性もまだ働きたい方が増えていることから、現実的に子供の数が少なく少子化時代の結婚の現状を考える

大人の目線から 私の時にはベビーブームで私を含めて多くの子供が生まれたのですが、最近は、少子化の問題がささやかれています。 20代、30代の方の結婚適齢期になっても、まだ仕事をしていたい、独身でいたいという女性も多くなってることが少子化の原因の一つです。 実際に結婚をする適齢期も35歳から40際にアップしているので、このまま進むとますます少子化が進んでしまい未来の子供たちも結婚出来ない、したくない方も出てくるかと思います。 現状を回復するためは その現状を回復するために、子供を産むと国から補助金が出たりし ...

真剣に考える 結婚とは

2019/5/11

納得できる少子化。うちの家も周りも結婚しない男が多く、少子化になりつつある。

少子化が進む世の中 少子化と言う言葉が世間で深刻に進んでいるのをつくづく感じます。 私は、男三人兄弟でぼくは真ん中です。 うちの兄は、46歳、弟は41歳。 当然のように独身そして未婚。 結婚する気すら全くなく、結婚相談所などに通う気もなく、ただ、ただ、うちの母親がだけが心配しているような状況です。 僕のまわりでも少子化を感じる 僕は、兄弟の中でも、唯一25歳の時に結婚しました。 現在は、結婚18年に終止符を打ち、また、独身にもどりました。 子供は二人で、13歳の男の子と10歳の女の子がいます。 うちの元妻 ...

真剣に考える 恋愛中の不安 結婚とは

2019/5/28

少子化と結婚を決めることも収入の不安定さが主な原因ではないか?

少子化も結婚できないのも収入の低さと社会性の発育が不十分なことが主な原因ではないか? 少子化と結婚については別々に考慮する必要があると考えます。 私はどちらも木の枝先のことであるように感じます。 「そのような現象に必然となっていったのだ」と考えます。 両方の原因を結論から表現するとすれば、労働による収入の低さが根幹にあたる主な原因ではないかと推測します。 少子化だから結婚がしにくいなども結婚を決めるひとつの要因であるようにも窺えますが、そのことが主な原因であれば「愛し合うとはどういうことか?」が理解されて ...

少子化問題 真剣に考える 恋愛中の不安 結婚とは

2019/5/11

少子化で結婚できない近未来について私の思うこと

少子化について 近年特に少子化が進んでおり、特に少子高齢化が急加速で進んでおります。 日本の超高齢化社会の水準である20%程度を大きく超えて現在では26%に高齢化の波が押し寄せております。 昭和と平成の比較 結婚を気にいざ子供を作ろうと思っても、主人の収入が安定しない、周りが少子化で一人っ子が多いので経済的にも不安なので結婚をしても、一人っ子の夫婦も特に首都圏では多いと聞きます。 また、結婚して子供を産めよ増やせよと言う昭和時代の言葉が消えてしまったかのように思えます。 社会構造にも影響が 少子高齢化にな ...

少子化問題 真剣に考える

2019/3/28

少子化の原因は結婚しない男性のせいなのか

少子化の原因は結婚しない男性のせいという話はよく聞きます。 実際に男性が結婚したいという願望をもっていないから少子化が進んでいるのは間違いありません。 では何故昔の人は結婚して子供を産むのが当たり前という価値観を持っていたのかということです。 それは結婚するのが当たり前という世間からの外圧がとても高かったからです。 人口が多いのは現在40台の団塊ジュニアの世代までです。 しかしこの世代が就職した時期は就職氷河期だったので、経済的に恵まれている世代ではありません。 そのような状況ではさすがに結婚するのが当た ...

少子化問題 出会い 真剣に考える 結婚とは

2019/3/17

未婚、少子化の増加、どうすれば連鎖は止まるか?未婚を減らすには?少子化対策は?

未婚の人が多い 私は現在40代後半です。 私の周りでは未婚の方も多いです 結婚したものの離婚し、今は独身の方、結婚自体が未経験の未婚の方。 理由はそれぞれありますが、どうしても未婚で出産する方は少ないので、少子化にも繋がっています 未婚=少子化は、セットで対策しなければ行けない課題で、この先未婚の方が増えるということは、益々少子化も必至。 解決策は? 成人式、同窓会でも出会いはありますが、もともとの知り合いですし、なかなか恋愛にも発展しないですし…。 具体的には? 国を挙げて、もっと結婚を推奨する、今の日 ...

少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2019/2/17

未婚、少子化は何が理由?未婚と少子化を防ぐには

今の時代、結婚せずもちろん子供も持たない人が増えています。 つまり未婚と少子化に歯止めがかからない状態が続いているのです。 なぜそんな事になるのか、それはやはり結婚するにも子供を持つにもお金が必要だからでしょう。 結婚し子供を持つのが当たり前という昔の常識がなくなった今、結婚しなくても良いならお金もないからしないという選択肢ができたともいえますね。 結婚したくてもできない未婚や子供を持ちたくても持てない結果の少子化もあります。 また育てるお金がないから子供を持つとしても一人で十分、という考えの夫婦も増えて ...

少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2019/5/11

少子化をあえて意識しないようにする個性的な夢のある生活スタイルの確立

少子化世代の若者へ 現在日本を生きる少子化世代の若者に対して、40代後半の既婚男性からひとこと言わせて頂きたいことは、あえて意識的に少子化を意識しないような生活スタイルの確立が出来たら、自分に正直な実行する人生が過ごせたら、凄い幸せなのではないかという事を提案します。 提案理由 何故そんな事を言うかと言うと、少子化は御存知の通り、私が学生時代だったずっと以前、20世紀の頃から言われていたことで、それで本来なら、何かしら動くべきはずだった国や行政や日本の公共的立場に居る責任者の方々が、口や頭ではわかっていて ...

少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2018/12/30

少子化が社会に与える影響と、現代の結婚観

少子化と働き方 男女雇用機会均等法など女性が働きやすい法案や環境が整うにつれて既婚率や出生率が下がり少子化が進んでいることは現代日本の社会的問題となっています。 男性と同じように働き、稼ぎのある女性にとって結婚自体が人生において必要ではなくなっているのでしょうか。 対称的に、収入の少ない若者は結婚をどのように捉えているのでしょうか。 少子化による税負担 少子化が進むと同時に日本では高齢化も進んでいます。 現在では超高齢化社会などと言われるほどお年寄りの数が多く、高齢世代の生活を支える税の負担は現役世代が担 ...

少子化問題 出会い 真剣に考える 結婚とは

2018/12/30

未婚と少子化時代。でも本当は結婚したいし子育てもしたい!未婚・少子化時代を生き抜く!

少子化対策 少子化対策は日本の未来にとって解決しなければならない緊急の課題です。 未婚の私のような40代男だって、結婚したくない訳ではありません。 それでも周りの同世代の男友達も独身貴族が多いのが現状です。 政府は未婚・少子化対策のために残業削減や有給奨励を企業に促し、実際残業は減り有給取得も以前に比べて増えた方が多いと思います。 男性側としては結婚相手を探す時間は確保されたはずですし、既婚者にとっては少子化対策の恩恵で子作りに励む時間が出来ました。 少子化の問題が解決してないのは何故 それでも目に見えて ...

♡おすすめ♡モテる方法がわかる本

Copyright© Love Note , 2019 All Rights Reserved.