未婚

出会い 恋活・婚活

2019/7/1

思い立ったが吉日!婚活サイトで婚活始めましょう!

年々増加する生涯未婚率に対して、他人事ではないと恐れ戦く方も多いのではないでしょうか。  私自身もその一人で、いつか自然に結婚するのだろうという認識は甘いのだと悟りました。  何もしなければ時間を無駄に消費してしまう、何かしなければ!  そこで目を付けたのがインターネットを利用した、メリット豊富な婚活サイトです。  第一のメリットは金額設定です。  結婚相談所に入会しようと思ったら、各相談所によって金額は変わりますが入会金で十万円+月会費一万円、さらに結婚が決まったら成婚料で数十万なんてことも多々あります ...

少子化問題 真剣に考える

2019/6/9

【少子化で未婚】現代人は少子化で未婚の方が増えています。

現在、社会は少子化で未婚が増えています。 少子化で未婚を防ぐ為にはボランティア団体が活躍した方が良いと思います。 そして男女が出会える環境を作った方ががいいと思います。 男女が出会える環境が整えば自然に恋愛に発展していくと思います。 それは少子化や未婚を増やさない最大の手だと思います。 中には出会い系サイトのような感じもありますがお金を払って出会うのではなくお金を払わなくても自然に出会える環境を作ってあげれば自然に恋愛できると思います。 男女共々そうですが恋愛はいつでもしたいと思ってると思います。 それが ...

恋愛調査・ランキング

2019/6/18

「まだまだ自由でいたい」(53.0%)から“あえて(A)結婚しない(K)”!?!

~でも65%以上が結婚していないことで将来への不安がある~ Vol.129 QOM総研 「結婚」に関するアンケート調査 婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、 本社:東京都品川区、 代表取締役社長:佐藤茂、 https://www.p-a.jp/ 、 以下パートナーエージェント)は、 30~49歳の独身男性3,760人に対して、 「結婚」に関するアンケート調査を実施いたしました。   photo by PIXTA   <調査背景> ...

真剣に考える 結婚とは

2019/5/11

納得できる少子化。うちの家も周りも結婚しない男が多く、少子化になりつつある。

少子化が進む世の中 少子化と言う言葉が世間で深刻に進んでいるのをつくづく感じます。 私は、男三人兄弟でぼくは真ん中です。 うちの兄は、46歳、弟は41歳。 当然のように独身そして未婚。 結婚する気すら全くなく、結婚相談所などに通う気もなく、ただ、ただ、うちの母親がだけが心配しているような状況です。 僕のまわりでも少子化を感じる 僕は、兄弟の中でも、唯一25歳の時に結婚しました。 現在は、結婚18年に終止符を打ち、また、独身にもどりました。 子供は二人で、13歳の男の子と10歳の女の子がいます。 うちの元妻 ...

出会い 恋愛コラム 結婚とは

2019/5/11

【早く結婚したい♡】少子化の時代に、男性にモテて早くに結婚する方法とは

結婚する人が減少して少子化へ 現在の日本では、結婚する人は減少して少子化が進んでいます。 現状少子化が改善する見込みはなくこれから先もどんどん少子が進んでいくことが予想されています。 少子化が進む今どうすればいいの?  それではこの時代に女性が早々に幸せな結婚相手を見つけるのにはどうすればいいのでしょうか。  それは若いうちから結婚相手を本気で探すことです。 男性は女性は若いほうがいいと考えています。 キレイごとを抜きにして男性は若い女性のほうが好きなのです。 それは生物学的に言ってもしょうがないことなの ...

少子化問題 出会い 真剣に考える 結婚とは

2019/3/17

未婚、少子化の増加、どうすれば連鎖は止まるか?未婚を減らすには?少子化対策は?

未婚の人が多い 私は現在40代後半です。 私の周りでは未婚の方も多いです 結婚したものの離婚し、今は独身の方、結婚自体が未経験の未婚の方。 理由はそれぞれありますが、どうしても未婚で出産する方は少ないので、少子化にも繋がっています 未婚=少子化は、セットで対策しなければ行けない課題で、この先未婚の方が増えるということは、益々少子化も必至。 解決策は? 成人式、同窓会でも出会いはありますが、もともとの知り合いですし、なかなか恋愛にも発展しないですし…。 具体的には? 国を挙げて、もっと結婚を推奨する、今の日 ...

みんなのラブストーリー・恋バナ 出会い 復縁

2019/5/11

きれいな淡い恋の思い出はいつまでもそのままで。

出会い 学生時代の恋愛のお話です。 中学校の時から2年間片思いをしていた男の子は小学校も同じいわゆる地元の幼馴染でした。 どうしても思いをあきらめきれずに高校に入って私から告白。 別の高校でしたが、OKをもらいお付き合いを始めました。 3年のお付き合い 付き合ってからはお互いが忙しく毎日は会っていませんでした。 同じ市内にいるのに2人で会えるのは良くて1週間~2週間に1度。 もっと会いたいな、とかカップルらしいことしたいな、と思っていましたが、関係を壊したくないためか言えずにいました。 一緒に帰ったり、公 ...

結婚とは 恋愛ニュース

2019/2/28

未婚や少子化は解消されるのか。未婚と少子化を考える

未婚や少子化が社会的に影響があるということで話題になっています。 未婚の成人が増え、結果的に少子化が進んでいるのもありますが、結婚していても、経済的な事や、子育てするにあたって、子どもを持ちにくいゆえに少子化になっている場合もあります。 未婚を解消するには、昔ながらのお見合いの機会をもっと持ちやすくしたら良いと考えます。 しかも30代までの早い段階で、カジュアルにお見合いができるような環境になればよいと思うのです。 そして、結婚とは、生活を夫婦で作っていくことが基本で、そこから家族を増やしていくことだと、 ...

少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2019/2/17

未婚、少子化は何が理由?未婚と少子化を防ぐには

今の時代、結婚せずもちろん子供も持たない人が増えています。 つまり未婚と少子化に歯止めがかからない状態が続いているのです。 なぜそんな事になるのか、それはやはり結婚するにも子供を持つにもお金が必要だからでしょう。 結婚し子供を持つのが当たり前という昔の常識がなくなった今、結婚しなくても良いならお金もないからしないという選択肢ができたともいえますね。 結婚したくてもできない未婚や子供を持ちたくても持てない結果の少子化もあります。 また育てるお金がないから子供を持つとしても一人で十分、という考えの夫婦も増えて ...

恋愛ニュース

2019/2/8

20〜30代未婚男女の6割が、恋愛は苦手? だけど「恋愛の延長に結婚があると思う」50.9%

~さらに、恋愛が得意でない男女の35.1%が「交際経験なし」~ Vol.123 QOM総研 「恋愛観」に関するアンケート調査 婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、 本社:東京都品川区、 代表取締役社長:佐藤茂、 https://www.p-a.jp/ 、 以下パートナーエージェント)は、 20~39歳の独身男女2,400人に対して「恋愛観」に関するアンケート調査を実施いたしました。     photo by PIXTA &nbsp ...

少子化問題 真剣に考える 結婚とは

2018/12/30

少子化が社会に与える影響と、現代の結婚観

少子化と働き方 男女雇用機会均等法など女性が働きやすい法案や環境が整うにつれて既婚率や出生率が下がり少子化が進んでいることは現代日本の社会的問題となっています。 男性と同じように働き、稼ぎのある女性にとって結婚自体が人生において必要ではなくなっているのでしょうか。 対称的に、収入の少ない若者は結婚をどのように捉えているのでしょうか。 少子化による税負担 少子化が進むと同時に日本では高齢化も進んでいます。 現在では超高齢化社会などと言われるほどお年寄りの数が多く、高齢世代の生活を支える税の負担は現役世代が担 ...

少子化問題 出会い 真剣に考える 結婚とは

2018/12/30

未婚と少子化時代。でも本当は結婚したいし子育てもしたい!未婚・少子化時代を生き抜く!

少子化対策 少子化対策は日本の未来にとって解決しなければならない緊急の課題です。 未婚の私のような40代男だって、結婚したくない訳ではありません。 それでも周りの同世代の男友達も独身貴族が多いのが現状です。 政府は未婚・少子化対策のために残業削減や有給奨励を企業に促し、実際残業は減り有給取得も以前に比べて増えた方が多いと思います。 男性側としては結婚相手を探す時間は確保されたはずですし、既婚者にとっては少子化対策の恩恵で子作りに励む時間が出来ました。 少子化の問題が解決してないのは何故 それでも目に見えて ...

Copyright© Love Note , 2019 All Rights Reserved.